ゴミ屋敷の原因と貯蓄症候群とは❔

2024年01月15日 新着情報

こんにちは🎵

栃木県宇都宮市にある便利屋ぱるです。

今回はゴミ屋敷の原因として病気が起因になっていることがありますので、その解説を行います❗

ゴミ屋敷という言葉は、部屋や住宅が過度に散らかっている状態を指す言葉です。 これは、物品やゴミが正しく整理されず、片付けられない状態を指すことがあります。は、さまざまな問題によって生じることがあります。以下に、その一部を説明します。

心理的な課題: ゴミ屋敷のは、心理的な問題や精神的な健康状態に関連していることがあります。

貯蓄症候群(ホーディング障害): 貯蓄症候群は、物品を過剰に保持し、整理整頓ができなくなる病気です。人々はこれらの物品に感情的な価値を付け、それらを捨てることができなくなります。

ホーディング障害を詳しく解説

ホーディング障害(Hoarding Disorder)は、精神障害の一つで、過剰に物品を保持し、整理整頓ができない状態を特徴とする疾患です。特徴を示します:

・退屈な物品の一時: ホーディングのある障害者は、日常生活に必要な物品やごみを大量に保持します。これには新聞、雑誌、服、食品容器、家具、動物の死骸などが含まれますられることがあります。

・物品の整理ができない: これらの物品を整理整頓することが非常に公平に、どこに何があるのか​​把握できない状態が続きます。

1.物品に対する感情的な取り扱い: ホーディング障害の人は、物品に対して異常に感情的な懸念を持つことがあり、それらを捨てることはできません。物品が「捨ててはいけない」と感じられることがあり一般的です。

2.社会的および職業的な問題: ホーディング障害は、社会的および職業的な機能に大きな影響を与える可能性があります。住環境が不衛生になり、住むことが誠実になることが起こります。また、人間関係や仕事においても問題は起きます。

3.身体的な健康問題: 身体的な健康問題、特に高齢者の場合、片付けられない状態を考えます。体力や能力の低下により、物品を整理することが現実的になります。

4.不注意な生活習慣:片付けられない状態は、不注意な生活習慣に発生することもあります。時間やエネルギーを整理して割くことができず、物品が積み重なる結果として現れることがあります。

ゴミ屋敷の状態に対処するためには、その先にある課題を考え、適切な支援を提供することが重要です。また、整理整頓のスキルを向上させ、不注意な生活習慣を改善することも、ゴミ屋敷の状態を改善する手助けになるかもしれません。

ゴミ屋敷をなんとかしたい!一度片付けたい!

便利屋ぱるでは秘密厳守でお手伝いが可能です。

お気軽にご相談ください(*^^*)

〒320ー0053

栃木県宇都宮市戸祭町2638-12

便利屋ぱる 028-613-3620

スタッフ一同、真心を込めてご対応させていただきます。


CONTACTお問合せ

ご相談やご質問、お見積りなど、まずはお気軽にお問い合わせください。
LINEでのご連絡が便利です!お電話でもお待ちしております!

お電話でのお問合せ

028-613-3620
受付時間:9:00-18:00
土日も作業対応いたします!

LINEとメールは24時間受付